国際保全事業部 海外支援プロジェクト一覧  > コンゴ民主共和国プロジェクト  > カメルーンプロジェクト  > ブータンプロジェクト
最新のNews







自然保護は「国民総幸福」の証し
秘境ブータンの豊かな
野生動物たち


稀少種ゴールデンラングールの故郷、
国境を越えたマナス保全地域



東ヒマラヤの自然:世界でも有数の野生動物の宝庫と南アジアの水瓶としての森林

ミャンマーの西端から中国、インド、ブータン、そしてネパール東部に続く、ヒマラヤ山脈の南麓に広がる森林地帯は、世界でも有数の生物多様性を誇り、アジアゾウやインドサイ、ベンガルトラといった大型哺乳類が、今でも同所的に暮らす数少ない地域です。サルの仲間は、比較的標高の低い、亜熱帯の森を利用することが多く、ハヌマンラングールやゴールデンラングール、そしてアカゲザルやアッサムモンキーが暮らしています。

この地域の森林生態系が、優先的に守られるべきとされるのは、稀少な野生動物の宝庫であるだけでなく、世界の屋根、ヒマラヤ山脈が直面する地球温暖化の影響を緩和する上で、重要な役割を果たすからです。中国とインドという二大新興国が軒を接し、世界で最も人口が急増している地域で、森林の減少も著しく対策が急がれます。

山肌に広がる森林は、ヒマラヤの氷河から流れ出す水を涵養し、降り注ぐモンスーンの雨を溜め、ブラマプトラ河などに供給する水瓶となっています。これらの大河に水源を頼る、下流に暮らす人々の数は億の単位にのぼります。このまま何も対策を取らずに温暖化が進めば、ヒマラヤの平均気温は地球全体の温度上昇の2倍も上がると予想されており、氷河からの給水は激減します。これから起こる水不足の深刻さは、これらの人々にとって死活問題なのです。中腹に降る雨をどれだけ確保できるかで、将来が決まります。







自然保護先進国ブータンのプロジェクト

そんな東ヒマラヤの山麓に、国土の半分以上が保護地域、という国があるのをご存知でしょうか。インドと中国に挟まれた小国、ブータンです。

ブータンは九州とほぼ同じ面積の、人口73万人ほどの国。経済成長のみに偏らない、国民の暮らしの豊かさを示す「国民総幸福度」でよく知られるようになりました。そして、その幸福度を上げる要素のひとつとして、豊かな自然環境の維持が位置づけられ、自然保護の先進国としても、世界的にその素晴らしさが認められています。

ブータン国内には、北部の7,000メートルを超えるヒマラヤの高山帯から、南部の標高150メートルの亜熱帯まで、変化に富んだ生態系が広がっています。またアジアでも屈指の「森の国」であり、国土の72%が森林におおわれ、急峻な山肌を縫う河川を潤しているのです。このような自然を守るため、国の面積の実に52%が、国立公園などの保護区と、その保護区同士を結ぶ「緑の回廊(コリドー)」といった、法的な保護下にある地域に指定されています。

中でも南部のインド・アッサム州との国境沿いには、マナス川の両岸を広く亜熱帯森林が覆い、ベンガルトラやアジアゾウ、インドサイなどのアジアを代表する野生動物が暮らしています。稀少種ゴールデンラングールの生息地も、このマナス川流域に限られているのです。

しかし、インド側で長年続いた民族紛争の影響で、2000年代初めまで民兵が保護区の森林に立てこもり、実質的には保全活動がストップしていました。また最近は、インドでは人口増加に伴う開発が急速に進み、国境を越えてブータンに侵入し、密猟や違法伐採を行うケースも頻発しはじめました。






TraMCAランドスケープ:
国境を越えたマナス保全地域構想


そこでこの貴重な自然を守るため、2012年、ブータン政府とインド政府はWWF(世界自然保護基金)東ヒマラヤ・プログラムの呼びかけに応え、国境地帯の10ヵ所の国立公や野生生物保護区を緑の回廊で繋ぎ、ひとつの大きな保護区にする試みに着手しました。「TraMCA (Transboundary Manas Conservation Area=国境を越えたマナス保全地域)構想」は、ブータンからインドを通り、大河ブラマプトラ河へ注ぐマナス川を中心に展開しています。

大河の河川敷から亜熱帯雨林に繋がるこの地域は、特にインドサイやアジアゾウの生息地として重要で、広い範囲を利用するこれら大型獣のために、まとまった森や草原を残そうという構想がTraMCAです。経済発展と人口増の著しいマナス地域の開発が、将来に向けても持続可能であるために、保護と利用のバランスを取ることも欠かせません。今までの保護区だけの枠組みに捉われない、広い視野で地域の土地利用のメリハリをつけていく必要があります。また犯罪者が逃亡しやすい、国境地帯を中心に発生している密猟、違法伐採の取り締まりを、ブータンとインドの両国が連携して強化することも重要です。

ブータン側には、ロイヤル・マナス国立公園を中心に、西にフィブソ野生動物保護区、東にジョモツァンカ野生動物保護区の3つの保護区が点在し、あいだを繋ぐ緑の回廊の指定地域が設定されています。

保全推進の手はじめとして、TraMCAに含まれる国立公園や野生生物保護区の現状を把握するための、生物多様性基礎調査とモニタリングが、インドの自然保護NPOの支援なども受けて開始されました。2012年からの4年間に、表のような調査の実施と保護区スタッフの技術研修が行われました。

また、これらの調査と並行して、インド・アッサム州政府や国立公園当局と合同で、国境からTraMCAの境界を警備するパトロール体制も、強化されました。日本からの支援もあり、国境沿いにレンジャーたちが常駐できるモニタリング・ポストの改修や新設が行われ、監視の目が広がっています。

自然科学的調査だけでなく、保全に欠かせない地域コミュニティとの連携も進められました。TraMCAに含まれるブータン南部は、人口も少なく地域の開発は遅れています。自然環境と地域コミュニティの共存を実現する持続可能な開発、特に若者の就業支援に繋がる経済開発を推進する必要があります。具体的には以下の取り組みが、TraMCAランドスケープの保護区管理事務所の協力で進められました。

ロイヤル・マナスの公園事務所と隣接する、地域の手作り小物を観光客向けに販売する土産店の建設(写真)や、ジョモツァンカの学校を対象にした、環境教育プログラムの開催なども行われました。


次のステップへ

2012年~16年のプロジェクトは第一段階として行なわれたもので、保全活動のレベルを上げていく上で必要な体制を築くことができました。ブータン政府はこれをもとに、TraMCAランドスケープが目指す最終目的へ向けて次期中期(3年)計画を策定し、WWFブータンの支援のもとプロジェクト第二弾を実施します。この計画では5つの保全目標が定義され、各目標の下に方針が定められました。

5つの保全目標

閉じる
日本モンキーセンターからの支援

TraMCAランドスケープの次期中期(3年)計画は、自然科学的な基礎固めの第一弾が完了し、それを土台に具体的な現場の保護・保全を前進させる重要な移行段階です。科学的には、生物多様性を理解する上で明らかにしなければならない、まだまだ多くの生物種の実態が未調査ですが、他方、トラやゾウに関してはより具体的な保護策も立てなければなりません。また、将来的に自律的な保護と経済発展の共存を根付かせるため、今から施策を打って、地域振興策を確実に進めることも重要です。
必然的に、実施しなければならない次期プロジェクトの規模は拡大し、ブータン政府もパートナーを通じ、各方面に支援を要請しています。
そこで日本モンキーセンターでも、連携研究機関である京都大学が、長年の友好関係を築き、各種連携プロジェクトを展開しているブータンへの協力を開始することになりました。具体的には、京都大学霊長類研究所や東南アジア研究所との連携による、ブータンTraMCAランドスケープへの技術支援、また、現場の活動に対する資金的支援も行っていきます。

皆さまの暖かいご支援を、ぜひともブータンTraMCAランドスケープを守るためにお寄せください!


国際保全事業部 海外支援プロジェクト一覧  > コンゴ民主共和国プロジェクト  > カメルーンプロジェクト  > ブータンプロジェクト