国際保全事業部 海外支援プロジェクト一覧 > コンゴ民主共和国プロジェクト > カメルーンプロジェクト > ブータンプロジェクト





ゴリラとチンパンジーが
ともに棲む原生の森、
ロベケ国立公園への支援


アフリカで一番新しい世界自然遺産、
サンガ多国間ランドスケープの保全



中部アフリカ・コンゴ盆地:
大型類人猿のふるさと


アフリカ大陸の中央部を占めるコンゴ盆地は、アフリカ大地溝帯に源を発するコンゴ河が、ゆったりと西へ流れながら多くの支流を集め、最終的にギニア湾にそそぐ広大な地域です。世界最大の流域を誇るコンゴ河は、赤道直下の熱帯域を貫流し、大量の雨が降りうっそうとしたジャングルになっています。このジャングルは、世界でもアマゾンに次ぐ広さがあり、多種多様な動物たちが、豊かな自然の中で暮らしています。

コンゴ盆地に特徴的なのは、ジャングルに降り注いでいったん流れた水のうち75%~95%が、海に出る前に再び蒸発し、雲となって盆地の中へ戻っていくと考えられることです。つまり、この地域の雨は“閉鎖系”といって、あまり外(特に海)からの水分の補給なしに、太古の昔から雄大な森を育ててきました。逆に言えば、もし何かの影響でこのバランスが崩れると、思いがけない水不足からどんな影響がここの生態系に及ぶかわからない、その分、脆弱な森であるとも言えます。

このような微妙なバランスの中に、約400種の哺乳類が生息していると推定され、大型の動物が多いのもこの地域の特徴です。今、急激な象牙の密猟で絶滅が心配されるようになったマルミミゾウや、ボンゴといった美しい大型の草食獣、さらにはゴリラやチンパンジー、ボノボたち類人猿が暮らしています。



ゴリラと熱帯雨林の切っても切れない関係

アフリカにおける大型類人猿の分布は、ジャングルの広がりと切っても切れない縁があります。樹上生活に適応していったサルたちは、つながった森を伝って棲みかを拡大し、その過程で数多くの種に分かれていったからです。ゴリラ、チンパンジーといった大型の類人猿は、このようなサルの進化の最後に登場した仲間で、私たち人類と一番最近まで共通の祖先をもっていたと考えられます。逆に言うとこれらの類人猿の現在の暮らしぶりの中に、人間が進化してきた過程を解明するヒントが隠れているかも知れません。

これは、アフリカ中部の現在の4つのゴリラの亜種の分布と、ジャングルとサバンナの広がりを表す地図です。残念ながらマウンテンゴリラとクロスリバーゴリラは、ゴリラの分布の東と西の果ての、ほんの小さな地域に700頭、300頭といったスケールで、絶滅の危機に瀕しています。他方、ニシローランドゴリラとヒガシローランドゴリラは、数か国にまたがりそこそこの数がいます。

この広大なエリアには、ランドスケープと呼ばれる大規模な生態系のまとまりが、国際的に9ヵ所認められています。いずれもゴリラやチンパンジー、あるいはボノボの重要な生息地で、マルミミゾウにとっても、大切なすみかとなるところです。50年とも80年ともいわれる寿命を生きる、これらの大型の動物たちにとって、十分な食べ物を手に入れコドモを育てていくには、森や湖、川といった生態系が連続して、大規模に残っていることが不可欠なのです。

日本モンキーセンターが支援するカメルーンは、地図の左上、ちょうど熱帯ジャングルとサバンナが南北を分けるように広がる国です。特に南の1/3はニシローランドゴリラのすみかの中心をなし、海岸近くからコンゴ河支流の深い森まで、多くの国立公園や保護区の中にゴリラの姿を認めることができます。






サンガ多国間ランドスケープ

WWF(世界自然保護基金)カメルーンとの協働で、保全活動を展開していくのは、国の南東端に位置するロベケ国立公園の保全活動です。ロベケ国立公園はサンガ多国間(Tri-National de Sangha;TNS)ランドスケープの中にあり、北隣の中央アフリカ共和国のザンガ・サンガ保護地域、そしてお向かいの、東隣にあるコンゴ共和国のヌアバレ・ンドキ国立公園とともに、2012年6月に世界自然遺産に登録されました。3か国にまたがる自然遺産というのは初めてで、範囲こそ狭いものの豊かな熱帯雨林が残され、ゴリラやゾウの密度の高さは折り紙つきです。

TNSランドスケープはサンガ川という川が、3つの国の国境をなしています。そして、過去の研究データから、マルミミゾウなどの大型哺乳類が、川を越えて行き来をしている地域であることがわかっています。ゾウはあのゴン太の足ですが、泳ぐのが得意です。コンゴ盆地の川は水量が多く、ゆったり流れているように見えて水流が早いのに、川幅50mぐらいのところを、足が届かなくても平気で渡っていきます。

残念ながら、今、北側の中央アフリカ共和国は、2013年3月に起こったクーデターのあとの混乱が収まらず、まだ世界遺産の自然保護に本腰を入れられる、政府の盤石な体制が取り戻せていません。同じ年の5月にザンガ・サンガの方まで混乱が及んだ時には、10頭以上のゾウが難を逃れようと、ロベケの北端の町のほとりへ渡ってくるのが観られたそうです。最近、ジェンベというロベケの南の端にある基地の周辺で、ゾウの群れに会うことが増えましたが、対岸の火を逃れて渡ったきたようです。

ここ数年、チャドから中央アフリカ共和国、さらにはカメルーンの北のサバンナで、スーダン人らしい高度に組織化、武装化された密猟団が、象牙を狙ってゾウを大量虐殺するという事態が繰り返されています。その通り道に位置する中央アフリカ共和国が政治的に不安定になると、その分、密猟団や違法取引の抜け穴が拡大することにつながりかねません。

一刻も早い、安定した政治体制の確立が待たれます。


閉じる





ロベケ国立公園の5カ年保全計画:
ゴリラとチンパンジーがともに棲む魅力


ロベケ国立公園は、カメルーンの中でも若い国立公園です。1993年にWWFとWCS(野生動物保護協会)による初めての生物多様性調査が行われ、その豊かさが知られるようになりました。ただその当時は、ここには伐採会社の伐採権が設定されており、すぐに保護区にするのは難しい状況でした。その後、WWFを初めとする自然保護団体の政府に対するロビーのおかげもあって、カメルーン政府は伐採会社に権利を放棄させて、2001年、国立公園の仲間入りを果たしました。

ロベケはサンガ川の川沿いに大きく広がっており、水草スワンプと呼ばれる湿地帯がたくさんあります。湿地帯はカヤツリグサが一面に覆い茂っており、ゆるやかに水が流れています。ゴリラはこのような場所を好みます。ゴリラだけではなく、ボンゴ、バッファロー、シタトゥンガ、あらゆる動物が利用しています。

公園内にある9カ所の水草スワンプには、観察台を設置して大型野生動物の定期観察を行っています。ロベケ国立公園の生物多様性の変化をモニタリングするためです。また、観察台の上で寝泊まりしながら動物観察を行う、エコツアー開発も計画しています。現地に行くのは大変ですが、何日でも滞在したくなるほど、動物好きにはたまらない場所です。ここをどのように観光開発していくかは、今後の課題のひとつです。

例えば、写真にあるプチサバンナと呼ばれる水草スワンプの周りには、ゴリラとチンパンジーが大好きな果実が大量に生る木があり、その果実目当てに一斉に集まってくることがあります。このような時期は、時折り、ゴリラとチンパンジーが追いかけっこをして、遊んでいるところに出くわすこともあります。ゴリラは低い笑い声、チンパンジーは甲高い笑い声をあげながら、森の下生えの中を走り回る光景が観察できる、非常に貴重な場所になっています。

2014年秋にはカメルーン政府が、上記のような貴重な自然を守る保全活動の柱を網羅した、2015年からの次期中期保全計画を無事に承認しました。WWFロベケも国立公園管理事務所の所長をバックアップし、中央政府、特に森林大臣へのロビーを進めたおかげで、12月には政府の承認を取り付け、新しい年へ無事に保全計画を継続することが出来ました。







新しいゴリラツアーの模索

ロベケでは、ゴリラの人づけによる観光客の誘致を、将来的に計画しています。これは同じTNSに含まれる、中央アフリカ共和国とコンゴ共和国の国立公園で、既にゴリラ・エコツアーによる集客が、ある程度成功していることを受けたものです。しかし2015年2月に、TNS全体のエコツアーの現状を調査した結果、ロベケで同様のゴリラの人づけとエコツアーを行うことが、他の国立公園と競合する可能性が指摘されました。

今回、次期5年計画で行う、「ゴリラの人づけの可能性検討」では、この調査の結果を踏まえ、ロベケならではのユニークなエコツアーメニューという観点から、ゴリラツアーの在り方も再度、検討されることになります。その一つの可能性として、ゴリラだけでなく、チンパンジーも観察できる人づけ方法の開発があります。

その候補地として、公園事務所からもっともアクセスが良い前述のプチサバンナと、そこに至る森林内のパトロール道沿いのゴリラのグループが、人づけの可能性が高いことがわかりました。このエリアは、アクセスが良い反面、密猟者などの侵入もたやすいことから、ゴリラの人づけを行う前に、確実な監視体制を整えることが急務です。このため、メインの道路からプチサバンナへ入るための車両道の最奥部に、森林省のレンジャーとトラッカーが常駐できるキャンプ地を拓き、新たなガードポストとしてパトロールが強化されています。

2015年9月に訪問した際には、ここからプチサバンナまでの約4kmの遊歩道でイチジクが実る時期に当たり、ふたたびゴリラとチンパンジーが同じ地域にいるのを確認しました。

このときは双方ともグループでいたようで、「ガ、ガ」という威嚇音を出し、林床を追いかけるような音が続いていましたので、美味しいイチジクの生る木を取り合っていたのかも知れません。ゴリラとチンパンジーの対立的な出会いは、今まであまり観察されていませんが、ロベケのゴリラの人づけが本格化すれば、新しい自然科学的な知見を加える助けになるでしょう。また観光客にとっても、このように変化に富んだ出会いを見せてくれるゴリラとチンパンジーは、他にはないエコツアーの魅力になる可能性があります。







日本モンキーセンターからの支援

以上のように、世界自然遺産に登録されてからの4年間の活動の結果、ロベケ国立公園のゴリラは人づけの可能性があることがわかりました。また、チンパンジーと同じ森を分け合い、時には出会いも観察できる、エコツアーの新しい可能性も見えてきました。

現場では2015年からの5年計画にのっとり、国立公園管理事務所長を中心に、違法行為の取り締まりのためのパトロール、TNSランドスケープ関係3か国の共同による国境警備などを進めています。また、カメルーン国内ではもっとも遠隔地であるロベケ国立公園の周辺コミュニティに対しても、貧困を削減する生計の向上に向けて、農業支援などの施策を実施しています。

その現金収入の道として、ゴリラを初めとした野生動物観察のエコツアーは、大きな可能性を秘めています。そして、他地域でのエコツアー振興支援の経験を持つWWFに対して、国立公園や地域コミュニティへの技術的なバックアップが期待されているのです。


しかし、表のような現実的な課題も見えてきました。


これらのリスク管理も含め、ロベケ国立公園のエコツアー振興のために、大型類人猿の専門家による技術的支援が求められる段階にきています。
そこで日本モンキーセンターでは、WWFカメルーンとともに、ロベケ国立公園への協力を進めていくことになりました。ここでは、ゴリラ・チンパンジーや生物多様性の保全のみならず、周辺地域で長年、地域コミュニティの研究を続けている京都大学アフリカ地域研究資料センターの協力も得て、包括的なコミュニティ開発への技術支援も目指していきます。
さらには、現場の保全が持続できるように、活動への資金的支援も行っていきます。

皆さまの暖かいお志を、引き続きロベケ国立公園を守るためにお寄せください!



国際保全事業部 海外支援プロジェクト一覧 > コンゴ民主共和国プロジェクト > カメルーンプロジェクト > ブータンプロジェクト